vol.10

木の学校づくりネットワーク 第10号(平成21年7月11日)の概要

  • 巻頭コラム:「木・共生学データベースの試み」篠崎正彦(東洋大学理工学部建築学科准教授、建築計画学):
    WASSはオープン・リサーチ・センターとして開設されています。この「オープン」には研究を大学内のみで展開するのではなく、社会との境界を開いていく(オープンにしていく)という意味が込められています。社会との境界を開くことで2つの流れが生まれます。学外の幅広い人材との共同研究(外→中への流れ)と、研究成果を広く社会に公開していく(中→外への流れ)という2つの流れです。
    「外→中の流れ」については、様々な場で活躍される方々を客員研究員として招いているほか、講演会・シンポジウムを通して多くの関係者のご意見を伺うことにより木とそれを取り巻く社会のあり方について広い視野で研究が進められています。
    一方、「中→外の流れ」では、研究成果を論文や発表会という形で公表することはもちろんですが、木と関わる現場、教育に携わる現場により近い所で成果を利用してもらえるようにする必要があるとも感じています。そのような試みの一つとして、「木・共生学データベース」の構築があります。
    木を使った学校建築を作ろうと考えても、どの様な事例があるのか、どのように木を用いているのか(構造では?、内装の仕上げでは?)、コストはどうなのか、学校の規模や所在地域ごとに差はあるのか、等様々な疑問が浮かびます。また、短期間に大量の木材を準備できる生産者がいるのか、自治体による木材利用促進施策はどうなっているのか、まちづくりとの関わりはどうなっているのかなど、浮かんでくる疑問は限りなくあります。
    木をもっと取り入れた学校を作りたい、木の利用を図ることで環境共生的な地域づくりを進めたいと考える人は多くいますが、この様な基本的な情報を共有した上で議論を進めることが、より有意義かつ効果的な実践に結びつくのではないでしょうか。
    「木・共生学データベース」は、上に挙げた疑問になるべく応えようと、様々な事例を分かりやすく整理し(誰でも使える)、インターネットを通じて利用でき(どこでも使える)ようにしようとするものです。今年度ではこれまでWASSに集まった学校建築の事例を公開しようと作業を進めています。引き続き、木づかいを促進しようとしている団体や自治体の施策についてもデータベース化を進めたいと考えています。
    少しでも内容が充実し、かつ、誰もが使いやすいデータベースを構築・公開することでWASSの目的である「木材の利用を通じた共生型地域社会の実現」に貢献できればうれしい限りです。
  • 最近のトピックス:「第8回 木の学校づくり研究会報告」:
    2009年6月13日に行われた「第9回 木の学校づくり研究会」では、 構造家の増田一眞氏より、「木造校舎の構造設計と課題-大分県中津市鶴井小学校を例として-」という題目で、構法論・形態論をふまえ、無垢材による伝統木造の特徴と木造校舎の実例についてご講演をいただきました。
    ■集成材と無垢材、現代木構造と伝統木造はどう違うのか?
    耐久性、無垢材の寿命は法隆寺が実証しているように千数百年、一方集成材はせいぜい50年しかもたない。接着材を用いることで、木本来の寿命を縮めることなる。さらに接着材を用いることで劣化の進み具合を判断しにくくなり、突然の崩壊を招く場合もある。また集成材は設備費用の償却、独占価格により、無垢材より高額なうえ、廃材処理に有効な方法がなく費用も高くかかる。さらに刃物で加工するのが困難なため、集成材が普及すると大工の仕事が奪われてしまう。伝統木造は無垢材の特性を生かす構造を隠さないため大工は腕をふるうことができる。またメンテナンスが容易で、解体移築が可能。また根曲がり材も適材適所に配置することで、合理的な構造体をつくることもできる。現代木造が平面的な構造体であるのに対して、伝統木造は腰壁、垂れ壁、袖壁等を含め、柱の曲げ抵抗を生かす立体的な構造である。先生のご指摘通りであれば何故、現代木造が普及するのか不思議ですらある。
    ■日本の場所討ちコンクリート造から見えること
    戦後、日本は伝統木造の継ぎ手仕口による緊結手法を省みず、コンクリート造の場所打ち一体性に希望を見出した。場所打ちのコンクリート造の耐久性はせいぜい60年。プレキャストコンクリート造の場合は、理論上必要な水セメント比に近い値で施工可能なので、約9000年の耐久年数となっている。水を絞ることで強度を高めることができ、コンクリートの断面積を半減させることができる。しかし一般的には場所打ちコンクリート造が普及定着している。さらに一般的な日本の建設現場では、型枠は使い捨てされているが、集成材といえども、大量消費の時代は終わっている。一方、プレキャストコンクリートの場合はジョイント部分を外すことで解体移築も可能である。つまり伝統木造と同様に部材を取り外すことで行うことができる。ヨーロッパでは殆どの現場がプレキャストコンクリートを用いて構築している。日本では木造においても、コンクリート造においても素材を効果的に生かすことができていない。
    ■鶴井小学校の事例について
    間伐材は弱齢で赤みが少なく、建築材料としては劣る。鶴井小学校では間伐材であっても、材をつないでいくことで、長いスパン、大断面に匹敵する構造材をつくれなか試みた。そして現場で4寸の板を重ね、熱を加えながら、Rに沿わせて蒸し、何枚も曲げ加工をしたうえで、ダボで縫い合わせ、アーチ型の合成張をその場で加工した。
    ■学校の計画の課題と提案(質疑応答より)
     鶴井小学校のプロポーザルから建設までの経緯や具体的な構法に関する質問が出されたが、他の学校の計画にも生かせるような汎用性に関する質問について増田先生は以下のように述べられた。現在の建築指導課の体制では、無垢材による学校づくりの要望が通りにくい。地元の山では資格を持って製材している者はいないのに、木材自体は天然の素材にJAS規格のような工業規格を要求めるのは基本的に間違いではないか。代わりに設計者に材料試験(強度・ヤング率)を義務づければ良いことだと思う。また工務店に複雑な構造計算をやれといっても無理があるのなら、縮小模型実験を計算の代わりに義務づけて実験的に証明すれば良いのではないだろうか。
  • 調査研究報告:「木材切り出しの現場から」:
    埼玉県のある山で木材切り出しの現場を見学しました。ここでは間伐のように、山主に指定された木のみを一本一本切り出していました。また、周辺の木を傷つけないように切り、枝の絡みなどを取り除きながら、斜面や隣地境界線の木を運び出せる状態にするまで一本につき30分はかかっていました。これらの手間を考えると、決して効率が良いとは言えず、皆伐にはない様々な苦労がうかがえます。


※パスワードは「wood」

サブコンテンツ

このページの先頭へ